スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
メロンおばさんの真相
それは、私が子供の頃に囁かれていた噂である。

(町外れの水道塔には、近づくな。メロンおばさんに追われるぞ・・・)

実に、奇怪な噂である。
しかし、子供の頃は、これが、心底恐かった。

今でも、水道塔を遠くに望むだけで、当時、噂に聞いていたメロンおばさんの影や奇声を、簡単に想像できてしまう。

その話は、あり得ない内容にも関わらず、恐怖心だけは今も私の中に潜んでいる。
俗にいうトラウマだ。

さて、その日。
私は近所に住む叔母の家を訪ね、友人から送られて来たというピーナッツを分けてもらった。
旦那の好物なのだ。

しかし、私は、そのまま叔母と話し込むことになり、帰路に着くのが遅くなってしまった。

外に出ると、もう夕方。
夕暮れ時のたゆんだ空気が心地よい。

私は家路を急いだ。
引っ掛けてきた下駄が、カランコロンと音を立て、誰もいない通りにこだまする。

しばらくすると、道路わきに林立する街灯に、ぼんやりと灯がともりだした。

日が落ちたのだ。


そんな中、私は突然、気がついた。

この道に沿うフェンスの向こうに、あるもの。
フェンスの向こうに広がる闇の中に、あるもの。

それが、あの水道塔だということに。


普段は、何気無く通過してしまう道なのに、今日はなんだか、とても気にかかる。

私は歩みを緩めた。
カラン・・コロン・・
下駄の音がリズムを崩す。


(町外れの水道塔には、近づくな。)

私は、闇を見つめた。
何かが潜んでいるのでは無いか?
そんな気がしたのだ。

(メロンおばさんに追われるぞ・・・)

その時である。

暗闇から、一匹のネコが飛び出してきた。


ぎゃぁ

私は情けない声を上げ、バランスを崩した。

災難である。
私は足を溝にはめ、フェンスに顔を引っ掛けてしまったのだ。

「痛てて」
片方の頬を、だいぶ掠ったようだ。
傷になってなければいいのだけれど...

私は、体勢を整え、辺りを見回した。

ピーナッツ、ピーナッツ、ピーナッツ...
先ほどの衝撃で投げ出されたピーナッツがあっちこっちに散らばっていた。

私は自分で自分が情けなくなり、半分泣きながらそれらを拾った。


「メロンおばさんのバカ・・」

私はなんとなく、この災難をメロンおばさんのせいにした。


その時である。

背後で、断末魔の声が響いた。
私は驚いて振り向いた。

そこには、小学生と思しき子供が一人、街灯の下で立ち尽くしていた。
その目は、大きく見開かれ、真っ直ぐ、私を凝視している。


私は、立ち上がった。

何か分からないが、弁解の必要がありそうだ。

しかし、痛めた足がうまく動かない。
私は変によろめいた。

その刹那。

「ぎゃぁぁぁ」

小学生は、再び叫び声を発し、踵を返して走り去ってしまったのだ。

「ピーナッツおばさんが、出たぁぁぁ」


・・・そんな言葉を残しながら。
スポンサーサイト


物語 | 02:10:00 | Trackback(0) | Comments(12)
コメント
今回のテーマは、「都市伝説」ですね。
上手い、発想です。
そうやって、「都市伝説」は引き継がれて行くのですね・・・。
すごく、説得力を感じます。
段々、怖い気持ちになって行く展開も、ちょっとドキドキする感じでした。
2005-07-12 火 17:23:21 | URL | albireo [編集]
これを読んでいると、関西人の私には
「あの漫才コンビにこれをやらしたらむちゃくちゃ受けるんちゃうやろか。」
とその姿まで目に浮かんでしまいました。ごめんなさ~い。
2005-07-12 火 19:53:38 | URL | Gotton Factory [編集]
albireoさんへ
ありがとうございます(゚∀゚)
この話にまつわる私たち姉妹の話もあるのです!
その話は、「ちょこっと一息いれませんか」で書きますね!
お楽しみに~☆
追伸:albireoさんのところにもありました?この手の噂。
2005-07-12 火 21:01:42 | URL | ナナ [編集]
Gottonさんへ
ありがとうございます(゚∀゚)
そして、そのコメントを見た私は、一体どのコンビなのかと思いを巡らせてしまいました・・・誰?
2005-07-12 火 21:02:59 | URL | ナナ [編集]
関西にいると誰が全国区で誰が関西ローカルかわからないんですが、芸達者なところでは「阪神巨人」、でも女性に演じて欲しいので「かつみ さゆり」か「友ちか」(名前あってるかなあ)あたりがいいのではと思っています。
この人たちの名前って全国区ですか?
2005-07-12 火 21:49:14 | URL | Gotton Factory [編集]
ナナさんご姉妹のお話、楽しみにしています。
僕の子供の頃には・・・。
「赤マント」の人攫いというのは、もっとずっと前だし、「口裂け女」というのはずっと後だし・・・。
そういうものを怖がった記憶はなさそうです。
でも、3歳くらいの頃、祖母に「ももんじい」というのが来ると言われて、たまたまやって来た、ちょっと汚い格好のお爺さんを、勝手に「ももんじい」だと思って恐がったそうです。
2005-07-12 火 22:21:21 | URL | albireo [編集]
Gottonさんへ
あら~ん☆
バリバリの全国区でしょう(笑)
お笑いブームと言われて久しい世の中じゃ~ありませんか!
大丈夫です。
ちなみに、私は、友ちか・・に1票です!
2005-07-12 火 23:46:12 | URL | ナナ [編集]
albireoさんへ
ももんじい!
何だか、素敵なひびきです!
幼い頃のalbireoさん、可愛いですね。
恐がる幼子の姿を想像しちゃいました(笑)
追伸:赤マントの人攫い・・・口避け女・・メジャーですねぇ。私も知ってますよ~♪
2005-07-12 火 23:49:27 | URL | ナナ [編集]
小学校の頃 口避け女 が流行りました。
すっごい場所が特定されているんですよねっ!!
今思うと なんで そんな話がでてきたのかなぁ。。。
一番初めにその話を作ったのは誰なのかなぁ。。
と、ちょっと夢?のないことも思ったりしました(^^;
2005-07-13 水 08:54:35 | URL | あやこ [編集]
あやこさんへ
ありがとうございます☆
そうです!場所が特定されているんです!!
どうしてでしょうねぇ~?
どこかのオトナが子供をおとなしくさせるためについた適当な嘘だったのでしょうか?
・・私もそんな事を思ったので、今回、ちょっと噂発生の瞬間を創作してみたのです♪
2005-07-14 木 20:03:20 | URL | ナナ [編集]
面白いですね。もうね。大爆笑♪
え?大爆笑までは笑っちゃいけませんでした?
だってもうね。奥さんの表情を想像したら。。。
2005-07-17 日 13:12:00 | URL | beer [編集]
楽しいお話
ですませていいんだろうか。
ピーナッツおばさんってwww
メロン好きなのでメロンおばさんには
ちょっと会いたい気もしました。
2005-07-19 火 16:53:04 | URL | ねこよん [編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。