スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天気雨
もし、今、洗濯物を干しているのでしたら、取り込んでおくのが良いと思います。
もうすぐ雨が降ってくるはずですから・・・

さて、先ほどまで私は、裏山の畑で野良仕事をしていたのです。

いつものように、水を撒いたり、野菜を収穫したりしていました。

一通り作業を終えた頃、私は畦道にある大木の木陰で一休みすることにしたのです。

大木の木陰には、私に丁度良い風が吹いていました。
見上げると、重なり合う葉っぱの隙間から、真っ青な空が見えました。
時々、トンボがついと通り過ぎていくのが、何とも気持良さそうです。

私が、ちょっと不思議な出来事に遭遇したのは、丁度そんな時でした。


・・・チリンチリン

しんとした風景の中、どこからか鈴の音に似た音が聞こえてきました。

私は、誰かがやってきたのかと、周囲を見渡したのです。

ですが、遠くまで伸びる畦道には、人影ひとつ見当たりません。

まだ穂の出ていないススキがそよそよと風になびいているだけです。


・・・チリンチリン

鈴の音に似たその音は、風に運ばれてどんどん近くなって来ます。

私は耳を澄ましました。


・・・チリンチリン

しかし、目を凝らしても、目を凝らしても、そこには、何も無いのです。

ただただ、畑が広がるばかり。


私は、じっと息を殺し、目の前の透明な空間に目を凝らしました。


すると、ふと、妙な違和感を覚えたのです。

うまく説明はできないのですが、はっきりと、そこだけ違う空気が流れていたのです。


・・・チリンチリン

音は、ゆっくりと私の目の前を通り過ぎていきます。


・・・チリンチリン


何が通っているのだろう...


私がそう思ったとき、ふいにその空間がゆがんだように見えました。


ほんの一瞬。
淡い影が浮かんで消えたのを、私は確かに見たのです。

それは、雪のように白い、白い影でした・・・




私は、慌てて支度を済ませ、帰り道を走ってきたというわけです。




なぜって・・

聞いたこと、ありませんか?

キツネが嫁入りする時は、天気雨が降るのだと....


スポンサーサイト
物語 | 17:55:00 | Trackback(0) | Comments(10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。