スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
双眼鏡
「あぁ・・・やっぱり来るんじゃなかった」
私は、そっと独り言を口にした。


その日は、町の夏祭り。
私は、ふとした気まぐれで、ここに遊びに来てみたのだった。


私がこの町に帰ってきたのは、体調を崩したからだった。
そのため、勤め先を休んで、実家に戻ってきたのだ。
体調不良の理由は過労。
そう診断が下ると、すぐさま上司から1週間の休みを言い渡されたのだった。

しかし、実際に実家に戻ってきてみると、な~んにもすることが無い。
非常に・・・・つまらないのだ。
私は毎日、何をするでも無く、ただ、だらだらと一日一日を過ごしていた。

そんな時、町内会の回覧版で、今日から夏祭りが始まることを知ったのだった。

私は『夏祭り』という言葉の響きに、遠い昔を思い出した。

お寺の境内に並ぶ数々の露店とそれらを照らす、橙色の提灯の光。
焼きリンゴや、綿アメや、焼きイカの芳しい香り。
そんな中を、浴衣を来た小さな子らは、少ない小遣いを工面して色々なものを買って歩くのだ。

やがて、祭りの締め括りに、打ち上げ花火が上がるまで....

私は、あの雑踏の中にいるだけで、心が躍ったものだ。
祭りの夜は、何だか特別だったのだ。



そんな思い出が懐かしくなり、私は、久しぶりに夏祭りに出かけてみる気になったのだった。

どうせ、家にいてもつまらないのだから・・・



それなのに。
これは、本当にあの夏祭りだろうか?

私は自分の目をしばらくは信じられなかった。
信じたくなかったのだ。

今、私の目の前に広がる風景は、あの日の夏祭りとは、似ても似つかない。

そう。寂しすぎるのだ。


とはいえ、考えてみたら当たり前である。

あの頃に比べたら、子供の数はおろか、町の人口そのものがグッと減っているのだ。すたれた感じがしてしまうのも仕方ない。

仕方ない・・・
それは分かっているのだけど。

何だか、わびしいものである。

美しい思い出は、美しいままにしておいた方が良かったな。


私はそんな事を思いながら、ゆっくりと提灯の光に誘われて、歩みを進めることにした。

両脇には、露店がぽつんぽつんと並んでいる。
昔のように、活気の溢れる様子は全く無く、なんだか、静かで、だらけている。

「お!お嬢ちゃん、ちょっとこっち見てってよ!サービスするからさ!」
なんて、昔なら、あっちこっちから声をかけられたのになぁ・・・


私は、どの露店からも一定の距離を保ちつつ、石畳の上を歩いた。


ふと気が付くと、私は、ある露店の前に立っていた。

既に哀愁の雰囲気さえ漂っている露店の中で、ひときわ寂しげな雰囲気を醸し出している。

やる気なんて、微塵も感じられない。

その証拠に、店番をしている老人は、顔をこちらに向けることさえしていない。

店先に折りたたみの椅子を持ち出し、そこに座って、うつむいているだけだ。もしかしたら、眠っているのかもしれない。

私は、何だかとても気になって、その店に近づいた。

どうも、その店は『輪投げ』屋のようだ。

陳列されている景品は、これまた全然やる気が無い。

キャラクターやぬいぐるみといった類のものは全く無く、いや、それどころか、全体的に古めかしい物ばかりなのである。
アンティークなんて小洒落た感じも、勿論、しない。

なんじゃ、こりゃ?
私は思わず、ため息をついてしまった。

すると、横でうつむいていた老人が、もそもそと顔を上げる気配がした。
起こしてしまったのだろうか?

「あ、すみません」
私は、反射的に謝った。

しかし、その老人は、そんな事は意に介していないようで、無表情で私に言った。

「ここにある景品は、古いだけの物じゃないんだよ。お嬢さんには分からんじゃろうがな。」

そして、その老人は、少し、人を小ばかにしたような、嫌な笑い方をした。

ヤナ感じ。
私は、思ったが、その『古いだけの物じゃない』という言葉に惹かれた。

ここは少し、オトナになろう・・・

「・・あのぉ。古いだけじゃないって、どういうものですか?」
私は聞いた。

すると、老人は、もそもそと椅子に座りなおし、震える指で近くの貼り紙を指差した。
「やってみたら、分かるわい」

『一回100円』
貼り紙には、そう書かれている。

本当に、感じが悪いなぁ・・・
私は黙ってしまった。

すると、横で、老人がぼそぼそと口にするのが耳に入った。
「わしだって、本当は、売りたく無いんじゃい」

・・決まった。
その一言に私は負けた。


「じゃ、100円。ここに入れますよ」

私は設置されていた箱の中に100円玉を入れ、輪っかを手にとった。

「1回じゃよ」
老人は、こちらを向いて言った。

狙うものは、決まっている。
一番奥の上段に、鎮座している木製の箱だ。

私は、輪っかを水平に構え、狙いを定めた・・・

深く深呼吸・・・そして


今だ!

私は輪っかを放った。


カシャン・・

その瞬間、輪っかは、情けない音を立てて、木製の箱に跳ね返った。

そして、そのまま下に落ち、そこにあった双眼鏡に引っ掛かってクルクル回った。

残念・・・外しちゃった。


私は、老人が双眼鏡を袋に入れてくれるのを見守った。


何だか、随分、古ぼけた双眼鏡である。
・・・何も取れないよりは、マシだけど。

老人の顔は、無表情で皺くちゃだったが、うっすらと嫌な笑みが浮かんでいるような気もする。

「ほい。あんた、これ、覗く時は心するんだよ。」

景品を差し出しながら、老人は言った。

「これは、あんたの運命の人が見える双眼鏡なんだから。」

は?今何て?
私は奇妙な違和感を覚えた。

もちろん、その台詞自体が奇妙なものであるが、何よりもその老人の口から『運命の人』などという甘美な単語が飛び出てきた事が、意外だったのだ。

訝る私に、老人は重ねて言った。

「ただし、一回しか見えないからな。そのつもりで覗くんじゃよ。」


一回しか覗けない、運命の人が見える双眼鏡....

私は、心の中で反芻しながら、老人から袋を受け取った。


一回しか覗けない、運命の人が見える双眼鏡....

私は、微妙に重たい袋を片手に、そのまま帰路に着くことにした。


途中、一度だけ振り向いてみると、両脇に並ぶ提灯の、淡い光がぼんやりと闇に揺れており、なんだか、妙に、切なかった。



『運命の人』・・・

私は、その言葉に惹かれていた。

そして、ぼんやりと、彼のことを想ったのだ。

彼は、きっと、私に休みを言い渡した後も、仕事に没頭しているに違いない。
私は彼の真剣な横顔が好きなのだ。



あの人は、私の運命の人だろうか・・・?



家に帰り着くと、私はすぐさま双眼鏡を手にとった。

部屋の蛍光灯の下で見るそれは、古いというよりも、むしろ、ボロボロだった。


いや。そんな事は、どうでもいい。

私は、彼が運命の人なのかを知りたい。

知りたいのだ・・・



しかし、私は、どうしても、双眼鏡を覗くことが出来なかった。


恐かったのだ。

もし、『運命の人』があの人じゃなかったら、どうしよう。

別の誰かが、この双眼鏡の中にいたら・・・

私は、立ち直れない。



一回しか覗けない、運命の人が見える双眼鏡....

私は、ため息をついて、双眼鏡を窓辺に置いた。
スポンサーサイト


物語 | 17:25:00 | Trackback(0) | Comments(17)
コメント
都筑道夫という、小説家を知っていますか?
もう何年か前に、亡くなった人ですが、僕はこの人の、いくつかの奇妙で、味のある短編小説がとても好きでした。(すべての作品が好きだった訳ではありませんが)
ナナさんのこの短編を読んでいたら、ふと都筑道夫を思い出しました。
それから、遊佐未森(歌手)の初期のアルバムにあった歌もちょっと、頭をかすめました。
こんな、縁日の夜店や、どこかの国のバザールに、紛れ込んで何か不思議な品物を手に入れてみたいですね・・・。
幼い日の、ドキドキするような、夏祭りの夜店の記憶が、心の奥に蘇って来ました。
2005-07-06 水 21:28:53 | URL | albireo [編集]
縁日って非日常で、不思議な世界に迷い込めますよね。ドキドキしながら読みましたよ~。
知りたいけど怖い、怖いけど知りたい。
もっと続きを読みたくなりました~。
2005-07-06 水 22:21:11 | URL | Gotton Factory [編集]
albireoさんへ
ありがとうございます☆
・・・いえ。お恥ずかしいのですが、存じません。
今、ちょっと本やら詩やらにまた嵌っていますので、図書館で探して見ます。
遊佐未森の初期のころの音楽・・そうですか?
何だか、嬉しいです。
音楽が浮かぶといのは、ちょっと書いたものにとっては『してやったり!』って気がするもんです。

私は昔、アジア諸国で仕入をしたり、工場で商談をしたりしていました。
そこで、少なからず、不可思議なものも見ましたよ。
そういう話も少しずつ書いていけたらいいですね。
2005-07-06 水 23:45:10 | URL | ナナ [編集]
Gottonさんへ
ありがとうございます☆
ドキドキしてくれましたか?!嬉しいです。

Gottonさんなら、この双眼鏡、覗きますか?(笑)
2005-07-06 水 23:46:12 | URL | ナナ [編集]
のぞきま~す。でも気になりながらなかなか見れなくて、
20年後ぐらいに見てそうです。(笑)
albireoさんのコメントにある「都築道夫」を見て、何を読んだか覚えてないんですが、とっても懐かしかったです。
2005-07-07 木 07:35:43 | URL | Gotton Factory [編集]
私だったらお家に帰ったら、即 確認しちゃうと思います(笑)
で、意図している人じゃなかったら、 インチキ~ って思ったりすると思います(笑)

縁日って独特なわくわく感がありますよね^^
最近 行ってないので、行きたくなりました。
綿菓子食べたい。。。。
2005-07-07 木 08:04:52 | URL | あやこ [編集]
「明日は遠足」できたんですけど…
「明日は遠足」できたので、UPしようと思ったらまたまたソネブロ、またまたメンテナンス中でございます。(ムッ)
ということでHPにはUPしていますので、ここから聴いてみてください。間違いとかあったら修正しますので。
http://kgotton.hp.infoseek.co.jp/bgm/shakaikengaku/shakaikengaku-nana.htm

「先生」が(せんせ)、「お弁当」が(おべんと)、「眠ろう」が(ねむろー)になっています。いいですか?
2005-07-07 木 10:23:39 | URL | Gotton Factory [編集]
Gottonさんへ
・・・そうですか!
えっへっへ~。
実は、私も同じかも!
だから、物語の中の彼女には、双眼鏡を捨てさせなかったのです♪
2005-07-07 木 18:52:01 | URL | ナナ [編集]
あやこさんへ
ありがとうございます☆
むむむ~。すぐに確認ですか?!
なかなか難しいですぞ~?

・・・というか、こんな老人の話を鵜呑みにしてしまうあたり、既に、今の恋人に疑いを持っているのかもしれませんね。物語の彼女は。
2005-07-07 木 18:53:22 | URL | ナナ [編集]
Gottonさんへ
ありがとうございます☆
早速聴きに伺いましたよ~♪
正直、自分が作詞したなんて忘れちゃうくらい聞き込んじゃいましたよ(笑)
2005-07-07 木 18:56:25 | URL | ナナ [編集]
う~ん、お上手。
続きが気になるじゃないですか!
僕なら速攻覗いちゃいますね。
我慢できんですから。
で、目の前のじいさんが写って
「おい!運命のひとって、じいさんかい!」
とツッコンでるでしょう。
2005-07-08 金 17:17:34 | URL | 820 [編集]
820さんへ
いらっしゃいませ~☆
裏ブログ、見つかっちゃいましたね。
ようこそ!
実は、妹たちの創作活動に刺激されて、自分もちょいと創作をしてみたくなり、このブログを作っちゃったのです。

追伸:820さん・・・多分、間違いなく、双眼鏡にはお嫁ちゃんの姿が写るのだと思いますよ♪そして、じいさんは、ニヤリと笑うのです。

2005-07-08 金 18:37:12 | URL | ナナ [編集]
ブログの、スキンを変えたのですね。
とても、いい感じがします。
ここに書かれた物語や詩に、とても合っているように思います。
2005-07-08 金 23:17:01 | URL | albireo [編集]
普通に生活をしてても、なにかを選択しなくちゃいけないことってたくさんあるじゃないですかー
でも、自分の選んだことって 
それがbestなのか?
それとも他にもっといい選択があるんじゃないのか??
って 迷ったりすることが多いと思うんです。
だから、誰かに 
その選んだのでいいんだよ~
って言ってもらえるとちょっと安心できる。。。 
そんなことってないですか??
この双眼鏡って その安心できるツールなのかなぁ
なんて思ったりもしました♪
2005-07-08 金 23:27:42 | URL | あやこ [編集]
albireoさんへ
ありがとうございます。
スキン変えてみました!
しかも、ちょっと自分でカスタマイズもしてみたのです!
新たな試み。
案外、裏ブログもお気に入りになりつつある私です。
2005-07-09 土 00:35:59 | URL | ナナ [編集]
あやこさんへ
ありがとうございます(゚∀゚)
再び来ていただいたのですね!
私も同じような事、思ったことありますよ☆
本当にね、誰かに、ポンと背中を押してもらいたい時とか、『それでいいのよ~』って言ってもらいたい時って、ありますよね!
追伸:・・・この双眼鏡にそこまで、深い読みをされるとは。さすが、詩人!(←あれ?!)
2005-07-09 土 00:38:57 | URL | ナナ [編集]
凄い。ナナさん物書きの仕事してるんじゃないかと思っちゃってます。なんか、笑うせえるすまん思い出しました。凄く完成された物語ですね。僕も見ないと思います。自分の思いを信じたいですからね。
2005-07-17 日 13:05:24 | URL | beer [編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。